基礎知識

【ソフトバンク光】IPv6高速ハイブリッドってなに?わかりやすく解説します!

【ソフトバンク光】IPv6高速ハイブリッドってなに?わかりやすく解説します!
IPv6高速ハイブリッドってなに?

 

ソフトバンク光の「IPv6高速ハイブリッド」のことがよくわからなくてお悩みではないでしょうか?

 

安心してください。

ソフトバンク光を現在使っている筆者がわかりやすくご説明します!

 

知識ゼロでの方でも、以下のことが分かるようになります。

  • IPv6高速ハイブリッドの概要・メリット
  • IPv6高速ハイブリッドを使うために必要なもの

 

IPv6高速ハイブリッドとは

IPv6高速ハイブリッドとは

IPv6高速ハイブリッドとはなんなのか?

これを説明し始めると、専門用語がでてきてイメージが沸きにくくなると思います。

 

なので、まずは「IPv6高速ハイブリッドを使うメリット」からご説明しますね!

理解しやすいように徐々に深い説明にしていきます。

 

IPv6高速ハイブリッドのメリット

IPv6高速ハイブリッドを使うことのメリットは1点です。

これだけ覚えてもらえれば大丈夫です!

IPv6高速ハイブリッドのメリット

常時ネットを高速で使えるようになる

 

IPv6高速ハイブリッドを使うと、ネットを高速で使うことができるようになります。

たとえそれが、みんながよくネットを利用している昼や夜間の時間帯だとしてもです。

 

もしかしたらネットや風のうわさで、「ソフトバンク光は遅い」という投稿を目にした方もいるかもしれません。

でも実は残念なことに、遅いと言っている人のほとんどがIPv6高速ハイブリッドを使っていないんです。

 

実際に調べたら、2chで遅いと発言している人がIPv6高速ハイブリッドを使い始めたらネットが高速になったという事例が多くありました。

「ほんとに?」と思った方は以下の記事を読んでみてください。

 

ソフトバンク光申し込みはこちら

 

 

IPv6高速ハイブリッドを使うと快適にネットが使えることはわかったわ
でもなんでこんなことができるの?

 

さて、IPv6高速ハイブリッドのメリットがわかってもらえたところで、少し突っ込んだ話をしていきましょう。

IPv6高速ハイブリッドはどうして通信スピードを高速化できるのでしょうか?

 

それは、IPv6高速ハイブリッドは以下の2つの技術を備えているからです。

  • IPv6接続ができる
  • IPv4接続もIPv6接続として扱うことができる
専門用語すぎて何を言ってるのかさっぱりわからないんだけど…

 

専門用語がでてきて難しいと思いますので、1つずつ噛み砕いてわかりやすく説明していきますね!

もうちょっとだけ我慢して読み進めてください。

大切なことも書いてありますので。

 

IPv6接続ができる

「IPv6接続ってなんのこっちゃ」と感じる方がほとんどだと思います。

実はネットに接続するときの接続の仕方には大きく2種類あるんです。

そのうちのひとつがIPv6です

2種類の接続方式

・IPv4(従来の接続方式)

・IPv6(新しい接続方式)

 

ネットの接続方式には、「IPv4」「IPv6」があります 。

これはなんなのでしょうか?

 

簡単にいうと、以下のような特徴があります。

・「IPv4」

以前からずっと使っている接続方式で、みんなが使っているので回線が混雑して遅くなる。

 

・「IPv6」

新しい接続方式で、回線の混雑を避けることができるので高速に通信できる。

 

IPv6が開発された経緯を知りたい方は以下の記事をどうぞ↓

 

IPv6が開発されたことにより、世の中のWebサイトはIPv4に対応したWebサイトだけでなく、IPv6に対応したWebサイトというのができました。

 

ここでIPv6高速ハイブリットの1つ目の技術「IPv6接続ができる」ことが役立ちます。

IPv6接続ができることによって、IPv6に対応しているWebサイトに高速でアクセスすることができるようになるんです。

 

…ただ、これだけだとIPv6に対応してないWebサイトには高速アクセスできないんです。

それって正直微妙ですよね?

IPv6に対応しているサイトも、まだFacebookなどの有名サイトしかないですしね。

 

実は、IPv6高速ハイブリッドの凄いところは次の技術にあります!

 

IPv4接続もIPv6接続として扱うことができる

「IPv4 over IPv6」という技術によって、IPv4接続をIPv6接続として扱うことができるようになります!

わかりやすくまとめると、こういうことですね↓

・IPv4

→IPv4対応サイトにアクセス可
(通信スピードは遅い)

 

・IPv6

→IPv6対応サイトにアクセス可
(通信スピードは高速)

 

・IPv4 over IPv6

→IPv4対応サイトにもIPv6でアクセス可
(どこにアクセスしても高速)

 

IPv6高速ハイブリッドならIPv4接続もIPv6接続として扱えるので、どの時間帯でも高速でネットを使うことができるようになるんです。

オンラインゲーム、動画視聴、ネットサーフィン、SNSなどなど何でも速くなります。

ソフトバンク光申し込みはこちらから

 

 

IPv6高速ハイブリッドを使うのに必要なもの

IPv6高速ハイブリッドを使うのに必要なもの

IPv6高速ハイブリッドを使うには、「光BBユニット」をレンタルする必要があります。

光BBユニットは、ソフトバンクが提供しているルーターです。

 

レンタルの仕方は、ソフトバンク光を申し込むときに光BBユニットをレンタルしたい旨を伝えればOKです。

ただ、光BBユニットレンタルだけだと光BBユニットに無線機能がついていないので、WiFiも使いたい方は「WiFiマルチパック」も一緒に申し込みましょう。

これで無線も使えるようになります。

 

IPv6高速ハイブリッドで快適にソフトバンク光を使い倒しちゃいましょう!

ソフトバンク光申し込みはこちらから