基礎知識

【ソフトバンク光】IPv6とはなんなのか?わかりやすく解説します!

【ソフトバンク光】IPv6とはなんなのか?わかりやすく解説します!

「ソフトバンク光をこれから契約しようと思うけど、IPv6ってなんのこと?」

とお悩みではありませんか?

 

この記事は、「IPv6」について1からわかりやすく解説した記事です。

この記事を読んでいくことで、以下のことが理解できるようになります。

  • IPv6とはなんなのか
  • IPv6のメリット
  • IPv6を使うために必要なもの

 

IPv6のことを理解しておくとルーターを購入する際にも知識が役立つので、この機会に理解しておきましょう。

現在私はソフトバンク光を使っていますが、IPv6のことを学んでおいて良かったなあと何度も感じています。

 

それでは、読み進めてIPv6をサクッと理解しちゃいましょう♪

 

IPv6とはなんなのか?

IPv6とはなんなのか?

IPv6とは

IPv6は「インターネット プロトコル バージョン シックス」の略称で、一般的に「あいぴーぶいろく」と呼ばれています。

IPv6はざっくり簡単にいうと、インターネットの新しい接続方式です。

接続方式とは、インターネットを使う際の手段みたいなものだと思ってください。

 

「新しい接続方式」ということは、古い接続方式もあったということですよね。

古い接続方式は、IPv4(あいぴーぶいよん)というものです。

IPv4は現在も使われています。

 

ここで気になるのが、「なぜIPv6が新しくできたのか?」ということですよね。

IPv4では問題があったのでしょうか?

…そう、実はIPv4では問題があったからIPv6が開発されたんです。

 

IPv6が誕生した経緯

実は、インターネットに接続しているパソコンや携帯などのすべての通信機器には、「IPアドレス」という固有の識別番号が割り当てられています。

 

IPアドレスは、インターネット上の住所とイメージしてもらうと分かりやすいです。

現実の世界でも、住所があるから家に郵便物が届いたりしますよね?

それと同じで、IPアドレスはインターネット上でちゃんと相手にデータを届けるための目印として使われます。

 

このIPアドレスは、従来の接続方式であるIPv4では約43億個のIPアドレスを通信機器に割り当てることができました。

ところが、時代の流れとともにインターネットに接続できる通信機器が膨大に増えてしまい、43億個ではIPアドレスが足りなくなってしまったんです。

 

「IPアドレスが足りない!まずい!」となってしまったんですね。

こうして、IPアドレス枯渇問題を解決するべくIPv6が開発されました。

 

IPv6では、約340澗(340兆の1兆倍の1兆倍)個の通信機器にIPアドレスを割り当てることができます。

ほぼ無限に空きIPアドレスがあるので、IPアドレスが枯渇する心配がなくなったんです。

よかったよかった。

 

IPv6を使うとどんなメリットがある?

IPv6を使うとどんなメリットがある?

IPv6のおかげでIPアドレスの枯渇の心配はなくなりました。

ただ、これだけだと私たちが使うときのメリットってあまり無いように見えますよね。

 

「IPv6を使うとソフトバンク光を使う際にどんなメリットがあるのか」

が皆さんの1番気になるところだと思います。

これから説明していきますね!

 

夜の時間帯でもサクサク!ネットが高速で使えるように

IPv6を使うと常時ネットに繋がるのが速くなる。

これがIPv6の最大のメリットです。

 

お昼や夜の時間帯にネットの繋がりが悪くなった経験はありませんか?

お昼休憩の時間だったり、仕事や学校が終わってネットを使う人が多いので、昼や夜の時間帯は回線が混みあい遅くなってしまうんです。

 

普段の道路と、お祭りのときの道路をイメージしてみてください。

普段の道路では人があまりいないのでサクサク進むことができますが、お祭りのときは人が大勢いて全然前に進めませんよね。

それと同じで、人が多いとネットも遅くなってしまうんですよね

 

ただ、これはみんながIPv4の接続方式を使っているから起きる現象です。

 

IPv6を使えば、回線の混雑を避けることができます。

いわば、IPv6は1人だけ空を飛んで混雑なんてお構いなしに一気に進むことができるイメージです(笑)

 

想像してみてください。

お祭りで地上(IPv4)は人で埋め尽くされています。

ただ、空(IPv6)には誰もいないです。

IPv6を使えば1人だけ空を飛んで進めるので、サクサク進むことができるんです。

 

ネットがいつでもサクサク動くのは気持ちいいですよね。

日中帯は普通に繋がるネットが夜いきなり遅くなると結構イライラするものです。

 

IPv6を使えばいつでも快適にソフトバンク光を使うことができますよ。

 

IPv6を使うために必要なもの

IPv6を使うために必要なもの

では、IPv6を使うためにはいったい何が必要なのでしょうか?

 

結論から言うと、ソフトバンク光の場合、「光BBユニット」とよばれる無線ルーターのレンタルが必須です。

 

光BBユニットが無いと、どうあがいてもIPv4にしかなりません。

IPv6対応の市販ルーターを使ったとしてもです。

 

光BBユニットを使えばIPv6で通信を行うことができます。

光BBユニット単体でも1万円以上する市販ルーターより速度が出て快適に使えます。

 

もし、さらに超高速で使いたい場合は、高性能の市販ルーターを光BBユニットにつなげて使えばOKです。

「IPv6+高性能な無線機能」で使えるようになるので爆速になりますよ。

 

>>ソフトバンク光のお得な申込サイトはこちら
※期間限定で最大35,000円キャッシュバックキャンペーン中!

 

光BBユニットレンタルは、ソフトバンクユーザーやY!mobileユーザーの方であれば、「おうち割 光セット」を使うことで実質無料で申し込むことができます。

 

【ソフトバンク光】「おうち割 光セット」をわかりやすく解説!
【ソフトバンク光】「おうち割 光セット」をわかりやすく解説!「ソフトバンク光の「おうち割 光セット」ってなんだろう?」 とお悩みではありませんか? 私も同じように悩んだことがあ...

 

ソフトバンクユーザーやY!mobileユーザーでない方も、悲観する必要はありません!

市販ルーターでも十分な速度はでるので、普段使いなら大丈夫ですよ。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

少しでもお役に立てたようでしたら嬉しいかぎりです。

ぜひソフトバンク光を賢く使ってネットライフを楽しんでくださいね!

 

>>ソフトバンク光お申し込みはこちらから
※今なら期間限定で最大35,000円キャッシュバックキャンペーン中!